重度歯周病治療について

中度・重度歯周病について

中度・重度歯周病について

歯周病が進行し、歯槽骨の破壊が始まってしまった場合、破壊されて失ってしまった歯槽骨が自然に回復することはありません。進行の度合いによっても異なりますが、中度・重度まで進行した歯周病には、外科的処置、GTR法、エムドゲイン、での施術が必要になってきます。ここでは、中度・重度まで進行した歯周病の治療についてご紹介します。

GTR法

中度・重度歯周病について

歯周病の進行によって歯槽骨が欠損してしまうと、治癒したときにその欠損部分に歯肉が入り込んでしまいます。そうすると、歯槽骨の形は崩れたままになり、歯肉の形は元に戻らなくなってしまうのです。これを防ぐために行われるのが、歯周組織を再生させることで歯の構造を元の状態に戻す「GTR法(Guided Tissue Regeneration)」です。

「GTR法」は、「歯周組織再生誘導法」または「組織再生誘導法」とも呼ばれる治療法です。歯槽骨の欠損部に「GTRメンブレン」という特殊な膜を設置して、外から不要な組織が侵入しないように防御します。そうすることで、歯周組織が再生するためのスペースを確保するのです。メンブレンによって確保されたスペースには、欠損した組織を再生する細胞が集まって比較的早く欠損部分は再生します。

エムドゲイン

中度・重度歯周病について

「エムドゲイン」とは、幼弱豚の歯胚から抽出精製された「エムドゲイン・ゲル」という薬剤を用いた治療法です。具体的な使用法としては、歯槽骨が欠損した部分にエムドゲイン・ゲルを塗布し、縫合します。そうすることで欠損部への歯肉の侵入を防ぎ、同時に歯周組織を再生させるのです。

エムドゲイン・ゲルは歯周組織の再生を促しながら歯肉に吸収されていくため、非常に安全な治療法だと言えるでしょう。もちろん、再手術の必要はありません。

エムドゲイン

一見すると「歯周病」と「矯正歯科治療」は特に関わりがないように思えますが、実は矯正歯科治療によって歯周病を治療し、予防することが可能です。特に歯並びが良くない方は、早めに矯正によって歯周病のリスクを大幅に減らすことを考えましょう。

>>歯周病と矯正歯科

治療はしたいけど抜歯はイヤ!!向井歯科にご相談下さい