抜歯を宣告された方へ

抜歯の必要はありません!

酷い歯槽膿漏や虫歯によって、抜歯を宣告されてしまった経験がある方は多いのではないでしょうか。確かに現在では失った歯を補う方法は複数あります。しかし入れ歯やブリッジでは満足な咀嚼ができず、インプラントも天然歯に比べれば咀嚼力は落ちてしまいます。他の歯の健康を保つためには抜歯するしかなかったとしても、やはり自分の歯で食事をする喜びをなくしたくはないですよね?

当サイトを監修する大阪の向井歯科では、歯周病に冒されてしまった歯を抜歯ではなく再生治療(GTR法・エムドゲイン)によって再生させる治療法を採っています。また、歯周病を治すための矯正歯科治療を行い、例え抜歯を行ったとしても、インプラントではなく「歯牙移植」によって再生させるよう努めております。

上記の理由から、向井歯科には他院で抜歯を宣告された方が、大阪市内だけでなく兵庫県などの遠方からも大勢来院されます。何とか抜歯を避けたいという方は、まずは向井歯科までお気軽にお問い合わせ下さい!

重度歯周病の治療について

歯周病の進行によって失ってしまった歯槽骨は、自然には回復しません。当サイトを監修する大阪の向井歯科では重度に進行してしまった歯周病に対して、外科的処置やGTR法、エムドゲインの施術を行っています。重度歯周病にお悩みの方は、こちらのページをご覧下さい。

>>重度歯周病の治療について

歯周病と矯正歯科

歯周病の治療に矯正歯科治療を取り入れる歯科医院は少ないのが現状ですが、実は矯正歯科治療は歯周病に対して非常に有効な治療法です。当サイトを監修する大阪の向井歯科では歯周病を未然に防ぎ、さらに歯周病にかかった歯を治す矯正歯科治療を行っております。

>>歯周病と矯正歯科

歯牙移植

「歯牙移植」とは、歯を欠損してしまった部位に対して自分自身の歯を移植する口腔外科の治療法です。インプラントに比べて、まだ一般的に普及しているわけではありませんが、最近注目されている治療法なのです。

歯牙移植のメリット

インプラントや義歯、ブリッジなどは、いくら快適に咀嚼できたとしても「作り物」に過ぎず、天然歯の噛み心地にはかないません。歯牙移植ならば、自分自身の天然歯を移植するため拒否反応もなく、元の歯と変わらない機能を取り戻すことができるのです。また、主に抜歯の必要がある「親知らず」を移植するため、無駄が生じることもありません。まさに「一石二鳥」の治療法であると言えるでしょう。

また歯牙移植は、自分の歯を利用するために費用的にインプラントに比べ治療が安くすむ場合もあります。 歯牙移植で「本物」の自分自身の歯を取り戻しませんか?

治療はしたいけど抜歯はイヤ!!向井歯科にご相談下さい