歯周病と矯正歯科

矯正で歯周病治療

「歯周病」と「矯正歯科」と聞いても、両者の関連性は少し想像し難いのではないでしょうか。現状では歯周病の治療に矯正歯科治療を取り入れる医院は多くないため、イメージできないのも当然かもしれません。しかし、矯正歯科治療は歯周病に対して非常に有効な治療法であることがわかっているのです。

進行した歯周病を治療

歯周病の進行によって歯槽骨が溶けて痩せてしまっている場合であっても、矯正治療によって骨を再生させることが可能です。また、末期歯周病で抜歯が必要になった場合でも、矯正治療によって骨を再生させれば、インプラントを埋入することが容易になります。

歯周病による歯のズレを治療

歯周病が進行して歯がズレることにより本来加わる力と違う方向から力がかかり歯は、さらにどんどんグラグラになります。 それを治療するためには、プラークや歯石を取り除いて再生治療することだけでなく、ズレた歯を元の位置に戻す矯正治療が必要なのです。

歯周病を予防するために

そもそも歯周病は、歯に付いてしまったプラークが原因で起こるものです。毎日のブラッシングで完璧にプラークを除去できれば問題はないのですが、なかなか徹底できるものではありません。その上、歯並びが悪い場合は磨き残しや取れない汚れは必ずできてしまいます。歯周病を根本から防ぐためにも、実は矯正歯科治療が有効なのです。

矯正歯科治療で歯周病予防

矯正治療によって歯並びの矯正をすれば、毎日のブラッシングの効率は大幅に上昇します。それに伴ってプラークや歯石の蓄積も抑えられるため、歯周病になるリスクは激減するのです。

症例紹介

症例1

術前画像

術前画像

症例2

術前画像

術前画像

治療はしたいけど抜歯はイヤ!!向井歯科にご相談下さい