抜歯の基準

抜歯の基準

例え酷い歯周病になってしまったとしても、自分自身の歯を抜きたくないのは誰でも同じです。しかし、場合によっては抜歯の必要性が出てきてしまうことがあります。ここでは、抜歯の必要がある条件をご紹介します。

  • 歯周病の進行によって常に痛みが持続したり、その病変が隣在歯の歯槽骨を破壊していたり、支持骨不足で脱落する危険性のあるとき。
  • 不正咬合などによって周囲の歯を充分にブラッシングできず、他の歯に虫歯を作ってしまう危険性のあるとき。
  • 歯だけでなく骨にまで感染が及び、骨髄炎などの重篤な疾患を発生させる危険性のあるとき。
  • 虫歯が治療不可能なほど重症になってしまっているとき。
  • 歯根が折れてしまっているとき。
  • 乳歯が残っているために、永久歯が正常に生えるのを妨げているとき。
  • 異常な位置に歯が生えてしまっているとき。

向井歯科の抜歯への姿勢

抜歯をすれば、確かに虫歯や歯並びの治療は簡単に行えます。しかし、残りの歯がうまく噛み合わなくなったり、抜いたスペースに他の歯が移動してしまったり、口元の張りがなくなってしまったりとデメリットも多いのです。

当サイトを監修する大阪の向井歯科では、例え上記のような症例であっても歯を残し、患者様が「自分の歯で噛める喜び」を失うことがないよう治療いたします。歯の健康は、そのまま全身の健康にもつながります。まずは歯を抜くことなく行える治療法を探していきましょう。

向井歯科の抜歯への姿勢

例え他の歯科医院で抜歯を宣告されてしまったとしても、言われるままに抜いてしまっては、その歯は二度と戻ってきません。まずは当サイトを監修する大阪の向井歯科までお問い合わせ下さい。できる限り抜かずに治療する方法を模索いたします。

>>抜歯を宣告された方へ

治療はしたいけど抜歯はイヤ!!向井歯科にご相談下さい