歯周病とは?

知っていますか?歯周病は歯を失うかもしれない病気です

知っていますか?歯周病は歯を失うかもしれない病気です

「歯ぐきが赤く腫れている」「歯みがきをしたら歯ブラシに血がついた」

このような症状があったら、それは歯周病かもしれません。「歯周病」という名前自体は、歯科医院やテレビのCMなどで誰もが耳にしているかと思いますが、これがどのような病気なのか知っている方は、意外と少ないのが現状です。実は、歯周病は歯を失う原因になる恐ろしい病気なのです。

歯周病ってどんな病気?

「歯周病」とは、プラーク(歯垢)を媒介に発生した細菌が歯の周辺組織(歯肉・セメント質・歯根膜・歯槽骨)を破壊する病気であり、歯の病気ではなく細菌による感染症です。歯周病が悪化して「歯槽膿漏(しそうのうろう)」と呼ばれる段階になると、歯は支えを失ってグラつきはじめ、最終的には抜け落ちてしまいます。

「歯を失う原因」と聞くと多くの人が虫歯を思い浮かべますが、それは間違い。実は日本の成人が歯を失う原因の第1位は、歯周病です。痛みなどの自覚症状がほとんどないため気づいていないだけで、成人のうち約80%は歯周病ないし予備軍だと言われています。

歯周病の特徴

虫歯が「歯の病気」であるのに対して、歯周病は「歯周組織の病気」。歯の周りにある歯ぐきや顎の骨に細菌が感染し、破壊していきます。その特徴も虫歯とは異なりますので、確認しておきましょう。

歯周病の特徴

歯周病菌は、口腔内だけでなく身体の中に入り込むこともあります。すると、血管や気管から全身をめぐり、動脈硬化や心筋梗塞、誤えん性肺炎などの命にかかわる病気を引き起こすおそれがあるのです。さらに、糖尿病や早産・低体重児出産などをとも深い関わりがあると言われます。

歯周病と全身疾患の関係はこちらから

骨を溶かしてしまう

歯周病菌による炎症が広がると、歯を支えている顎の骨が溶けていきます。しかし痛みはほとんどないため、気づいたときにはかなり進行して取り返しがつかなくなることが珍しくありません。

日本における「国民病」

歯周病は世界中で起こる病気ですが、日本では特に多いため「国民病」と言われています。原因としては予防が最適でないことや、歯医者で予防処置をする人が少ないことが挙げられます。

歯周病の進行段階

歯周病は、その進行段階によって影響する範囲や症状が異なります。こちらでは歯周病を「歯肉炎」「歯周炎」「歯槽膿漏」の段階別に分けてご紹介します。

歯肉炎

歯周病にかかると、最初に歯肉が炎症を起こして腫れてしまいます。この初期段階を「歯肉炎」と呼びますが、特に痛みがないため気づかない方も多いようです。また、歯肉炎が起こると同時に歯と歯肉の間にある溝(歯周ポケット)が深くなります。歯周ポケットの中にはプラークが溜まりやすく、それに伴って嫌気性の細菌も集まるため、さらに炎症が広がってしまいます。

歯肉炎

【口腔内の状態】
歯と歯肉の間にプラークがたまって歯肉が炎症を起こし、赤く腫れます。その炎症によって歯と歯肉の間に「歯周ポケット」と呼ばれる空間ができます。

【治療法】
定期的な検診と適切なブラッシングを行うことで改善します。歯石が付着している箇所はスケーリングやルートプレーニングで歯石を除去します。

歯周炎

歯肉炎による炎症が悪化すると、歯根膜や歯槽骨までが炎症を起こし始めます。この状態を「歯周炎」と言い、これをさらに放置してしまうと歯槽骨(顎の骨)が溶け始め、ついには歯を支えられなくなって抜けてしまうのです。しかも、それだけに被害は留まらず、歯周病の原因菌が全身疾患にも関係してくるのです。

歯周炎

【口腔内の状態】
炎症が顎の骨にまで広がり、骨が溶け出します。そのまま進行すると歯ぐきが紫色に腫れてしまいます。

【治療法】
スケーリングやルートプレーニングで歯石を除去します。症状によっては歯ぐきを切開する場合もあります。

歯槽膿漏

歯周炎がさらに進行し、歯ぐきからは膿が出るようになっている状態を歯槽膿漏と言います。顎の骨も大きく溶けてしまっているため、歯がぐらついたり、硬いものが食べづらくなったりする方も多くなるほか、口臭が強くなります。

歯槽膿漏

【口腔内の状態】
炎症が広がり、歯ぐきからは膿が出てくるようになり、口臭が強くなります。顎の骨が溶けて歯がグラグラになることもあります。

【治療法】
歯ぐきを切開して、歯周ポケットの奥にある歯石を除去します。場合によっては抜歯せざるを得なくなることもあります。

治療はしたいけど抜歯はイヤ!!向井歯科にご相談下さい