歯周病で骨が溶ける?

歯周病で骨が溶ける

ブラッシングの際に歯肉から出血した経験はありませんか?そんな時に、あなたはきちんと歯科検診を受けることができているでしょうか?

「歯周病」とは、「歯肉・歯根膜・歯槽骨・セメント質」といった歯の周りの組織(歯周組織)に発生する病気です。具体的には、この歯周組織がプラーク(歯垢)を媒介に発生した細菌によって破壊されてしまいます。歯周病にかかると、一番外側にある歯肉に炎症が起こる「歯肉炎」が最初に発生し、さらに病状が進むと歯肉だけでなく深部の組織まで破壊される「歯周炎」になります。そのまま歯周病が進行すると、「歯槽膿漏(しそうのうろう)」と呼ばれる段階になり、歯肉から出血したり膿(うみ)が出たりし始めます。そして歯を支えている骨は溶け、歯がグラグラになり、最終的には歯が抜けてしまうのです。

歯周病は症状がかなり進行しなければ痛みなどの自覚症状が出ないため、見過ごされることも多い「沈黙の病気」として恐れられています。加齢とともに増加する歯周病は、今や成人が歯を失う最大の原因。歯周病の患者数は年齢に比例して増加し、40歳以上の中高年の約80%が疾患しているとも言われているのです。決して「他人事」ではありません。

歯周病の原因について

歯周病にかかると、細菌によって歯肉は腫れを起こし、歯肉炎・歯周炎・歯槽膿漏を経て最終的には自分の歯を失ってしまいます。どんなに健康な歯を持っている人でも30歳以降は歯周病にかかる確率が大幅に上がると言われているため、油断はできません。何が原因となって歯周病が起こるのか理解を深め、予防に努めましょう。

プラーク(歯垢)

歯周病の元々の原因は「プラーク」だということが判明しています。つまり歯周病とは、「歯の汚れ」によって引き起こされる病気だと言えるのです。ただし、原因がわかっているからと言って簡単に予防できるわけではありません。なぜなら、プラークはタンパク質のネバネバした膜で覆われているため、ブラッシングで完全に除去するのは困難なのです。毎日ブラッシングをしていれば必ず防げるというものではありません。

その他の原因

歯周病の直接の原因がプラークだということは疑いようもありませんが、その他にも「歯ぎしり、食いしばり、不正咬合、遺伝、タバコ、糖尿病」なども歯周病を引き起こす原因になると言われています。

歯周病の症状

歯周病にかかることで、口腔内にさまざまな症状が発生します。自覚症状がわかりにくく見逃してしまいがちですが、症状を理解していれば初期段階で発見することも可能です。下記の項目に当てはまる症状が見られたら、まずは歯科医院で検診を受けましょう。

  • 朝、口の中がネバネバする
  • ブラッシングのとき、歯肉から出血がある
  • 歯肉の色が変わったり、腫れたり、膿が出たりする
  • 最近、口臭が気になる
  • グラグラする歯がある
  • 歯肉が下がって歯が離れてきてる気がする
  • 歯並びや噛み合わせが変化したように感じる
  • 糖尿病にかかっている

歯周病の進行

健康な状態の歯肉
歯肉溝にプラークがつかないように、適切なブラッシングを行うことが必要です。健常な歯周ポケットは0.5~2mm程度です。

軽度の歯周病(歯周炎)
歯周ポケットは4~5mmほどになり、ポケット内にプラークや歯石が溜まって炎症がより強くなります。また、歯肉の色が赤みを帯び、歯を支える歯槽骨も吸収し始めます。

重度の歯周病(歯槽膿漏)
歯のグラつきも著しくなり、歯肉も全体的に真っ赤もしくは赤紫色になって出血が認められるようになります。ここまで進行すると抜歯となる場合もあります。

治療はしたいけど抜歯はイヤ!!向井歯科にご相談下さい