美を保ちたい、健康を保ちたい

いつまでも美と健康を保つために

歯周病は近年では「生活習慣病」とされており、ストレスや悪習慣、喫煙などによって悪化することがわかっています。歯周病になってしまうと歯槽骨が溶けることで歯が出て見た目が悪くなってしまう以外にも、歯が抜ける、口臭が酷くなるという審美的なデメリットが知られています。しかし、実はデメリットはそれだけではないのです。歯周病の原因となるのは口腔内に入り込んだ細菌ですが、この歯周病の原因菌が全身疾患を引き起こすことも明らかになってきました。美容と健康のためには、歯周病は絶対に治療しなければならないものなのです。

歯周病と全身疾患

口腔内のプラークを媒体にして発生する歯周病の原因菌は、つばを飲み込んだ際や食事の際などに体内にも入り込みます。この菌の侵入によって、命にも関わるような全身疾患が引き起こされることもあり得るのです。

糖尿病

糖尿病は、インスリンの分泌能力がなくなって血中の血糖値が高くなる病気です。歯周病菌は、このインスリンの働きを阻むため、糖尿病の症状悪化につながります。最悪の場合は歯周病が命に関わるケースすらあるのです。

心臓疾患・動脈硬化

歯周病の原因菌が血流に乗って血管内に血栓を作り、動脈硬化を引き起こすと言われています。また、この血栓が原因となって「心筋梗塞」や「狭心症」を発症するケースもあるのです。

肺炎

つばや食べ物を気管に誤嚥(ごえん)してしまうことで、肺に歯周病菌が入り、肺炎を引き起こすと言われています。

低体重児出産・早産

歯周病になると、歯周病菌が血流に乗って胎盤まで流入してしまい、早産を引き起こすとされています。

舌癌

歯周病の進行に伴って、歯周病に冒された歯周骨は溶かされてしまいます。現在の研究で、歯周病による骨吸収が1ミリ増加するごとに、舌癌の発生リスクが5.2倍も増加することが明らかになっています。

治療はしたいけど抜歯はイヤ!!向井歯科にご相談下さい