向井歯科実績

向井歯科実績症例紹介

「歯周病治療専門ガイド 抜歯を防ぐ」を監修する医療法人向井歯科の実績症例を紹介します。

症例1

症例写真1

症例写真2

症例写真3

もともとの来院理由

他院でブリッジ治療をした部分に痛みを感じ来院

治療に入る前の診断の結果
  • ブリッジの土台となる歯に負担が大きい
  • 土台となる歯の神経を抜いた後の根幹充填が不十分なため、歯の根の先に病巣ができ、歯を支える骨が解けている状態
患者さんの選択肢

悪くなっている土台の歯の抜歯を行いインプラント治療(2本)を行う治療方法(費用が高い)
or 歯牙移植を併用した、再生療法(費用がやすい)

改善のために行った治療
  • 歯根端切除治療を行う
    歯の根の先にある病巣を外科的な治療で取り除き同時に骨の移植を行った
  • 歯牙移植を行う
    もともとのブリッジ部分の中心の歯を失っているところ(Aのレントゲン)に、上顎の機能していない歯があり、その歯をブリッジ部分の中心に移植し、機能させた(Bのレントゲン)
治療後
  • Cのレントゲン
    Aで溶けていた顎の骨が治療後に再生されCで改善されたことがうかがえる。

症例2

症例写真4

症例写真5

症例写真6

もともとの来院理由

上顎の奥歯が痛くて噛めないとの事で来院
他院で親知らずの抜歯を進められ、当院に親知らずの抜歯をしてほしいと来院

治療に入る前の診断の結果

痛みの原因は、上顎の親知らずが、隣の歯に食い込みながら成長し(A)、それが痛みのもとになっている

治療内容

親知らずを抜いた場合となりの歯も抜ける危険性があり、親知らずが食い込んだ隣の歯を抜歯し、親知らずを部分矯正で移動させ噛み合せを再構築する治療を行った(B)

治療後

無事噛み合せも再構築された。(C)今後はメンテナンスをきっちり行うことで、ご自身の歯を守れる口腔状態になった。

症例2

術前画像

術前画像

もともとの来院理由

歯周病で歯がぐらつき、他院で診療を受けた所、抜いてブリッジにしないといけないと いわれ、
抜歯せずに直せると言う評判を聞き来院。

治療に入る前の診断の結果

歯の根っこが、すり鉢状に骨を失っている。

治療内容

歯の抜歯を防ぐために再生療法・歯の移植・矯正治療を行う。

治療後

無事、自分の歯で噛めるように回復しました。

治療はしたいけど抜歯はイヤ!!向井歯科にご相談下さい